食育の話

食育の話
今日の全校朝会では食育の話を全校生でききました。

この前、新聞にとても興味深い広告が載っていました。くま介の日記です。
くま介の日記
みなさんは、命がけで食事をとることはないですね。でも、自然界で生きていくためには、くま介のように命がけで食事をとらなければなりません。それを考えると、嫌いなものだからといって簡単に残していいのかなと思うのですが、みなさんはどう考えますか?

もう1つ、たまごのパックが写っているポスターです。
卵のパック
『あした、ぼくは、にんげんになる』と書いてありますね。

これを考えた人のコメントを紹介しますね。

 すべての食物には命があり、人はその命を食することで、生きていく。毎日3食、多くの命が失われているにもかかわらず、食の時間はこの上なく楽しい。食べられる側が悲しみに満ちいたら、食の時間はこんなに楽しくならないのではないか?
 そんな逆説的な希望を込めて、食べられる側の前向きな気持ちを日々の食卓に並ぶ卵の意志で表現したそうです。
 食べられてしまい、命を失ってしまう視点を通して、改めて『食の大切さ』を考えてくれるきっかけになってくれればうれしいです。

2014/10/15

 
:star1.0: ご連絡 
:star1.0: 新着情報  :star1.0: 学校日記  :star1.0: 1年生  :star1.0: 2年生  :star1.0: 3年生  :star1.0: 4年生  :star1.0: 5年生  :star1.0: 6年生 
:star1.0: 学校便り :star1.0: PTA活動  :star1.0: カレンダー  :star1.0: リンク集  :star1.0: 天童南部小学校後援会 
:star1.0: ご案内  :star1.0: 学校長あいさつ  :star1.0: 所在地  :star1.0: 校歌  :star1.0: 校章 :star1.0: 沿革 
:star1.0: 南部っ子のくらし  :star1.0: 児童会の歌、高等尋常小学校 校歌、維新軍楽 
:star1.0: 本校における個人情報の保護(取り扱い・管理)に関するガイドライン
:star1.0: サイトマップ
Total00719044 Week0333 Yesterday0233 Today0100 IP check in 30 min Since 2012-11-29